土質・地盤系のノート

01 土質力学


学習効果が飛躍的にUP!!
この分野を勉強するためのおすすめ書籍

【絵とき土質力学】

「土」というのは不思議な物質だ。
そこら中にありふれている何気ない物質なのに、力学的性質となると途端に難解なものになる。

土圧、圧密、液状化、支持力・・・

これらの現象を勉強するには「土」というものの物質の再認識が必要だ。
難しい数式をいじくるのはそのあとでいい。

一番最初は「土」の正しいイメージを持つことを心がけよう!

【Excelで学ぶ土質力学】

「Excelで学ぶ土質力学」は、本のタイトルから想像できるぐらい初歩的な説明から入る。
少し土質力学を勉強した後にこれを開くとはじめは物足りなく感じるだろう。

ただし!中盤の土の破壊条件から始まり、連続体力学、そしてカムクレイモデルとは何かというところまで淀みなく流れるように説明されているこの本の中盤以降は圧巻だ。
この本の後半部分がこの本の下記のすべて言っていい。

正直、Excelはどうでもいい。

カムクレイモデルとは何か。一般の土質力学の教科書で当たり前のようにでてくるこの土質モデルをわかりやすく丁寧に説明しているのは、この本をおいて他にない。

【地盤力学】

ちょっと発展的な本だが、粘土の力学的挙動を基礎から学ぶには下にある『地盤力学』が良い。
ロスコー面についても詳しく丁寧に説明されている。
ただし、土圧や支持力についてはほとんど書かれていないので注意!

あくまでも土の力学的挙動について理解を深める発展的な一冊になると思う。
その観点から本書を見れば、本当に優れた良著である。


私の大学ノート一覧に戻る