理系の世界史055:明の文化


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<055>明の文化

☆明の文化
永楽帝による編纂事業
 ・「永楽大典」… 中国最大の百科事典
 ・「四書大全」「五経大全」「性理大全」… 朱子学による思想統一
 
○学問(思想)
・朱子学の官学化 … 思想の固定化
陽明学の成立 … 王陽明が大成
 心即理、知行合一を説く … 実践を重視
 (陽明学のもとは、宋の陸九淵に由来する)
 
○実学
・「本草綱目」薬物に関する総合書 … 李時珍
・「農政全書」農業技術 … 徐光啓
・「崇禎暦書」暦法 … 徐光啓
・「天工開物」産業技術 … 宋応星
 
○庶民文学
・小説 … 「三国志演義」「水滸伝」「西遊記」「金瓶梅」
 
○絵画
・南宋画 … 董其昌
・北宗画(院体画の流れ)… 仇英
 
○工芸
・陶磁器 … 景徳鎮で赤絵がはじめる。
 
 
☆イエズス会宣教師の渡来
マテオ=リッチ … 「坤輿万国全図」の作成 … 中国初の世界地図
  徐光啓と「幾何原本」を作成


-今回の理系ネタ-
 『幾何原本』は紀元前300年ごろのギリシアの数学者であるユークリッドの『原本』の前半を漢文に翻訳したもので1607年に完成しました。
 訳された部分は平面幾何の箇所で、定義、公準、公理から始まり、三角形の合同定理、平行線に関する定理、三平方の定理、面積、円、正多角形、比例、相似形について述べられています。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—