理系の世界史117:ヨーロッパ諸国の海外進出


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<117>ヨーロッパ諸国の海外進出

 
☆アジア進出①(16世紀) … ポルトガルとスペインの時代
ポルトガルインドゴア中国マカオが拠点
スペインフィリピンマニラが拠点
 
☆アジア進出②(17世紀) … オランダ、イギリス、フランスの時代
 各国とも東インド会社を設立(アジア貿易の独占権をもつ)
オランダインドネシアが勢力圏
 (アンボイナ事件でオランダ勝利、イギリスを締め出す)→ イギリスの目は東南アジアからインドへ
 拠点 … バタヴィア
イギリスインドの植民地化を推進
 拠点 … マドラス(東岸)、ボンベイ(西岸)、カルカッタ(ガンジス下流)
フランス … 財務総監コルベールのもとインドに進出
 拠点 … ポンディシェリ(マドラス近郊)、シャンドルナゴル(カルカッタ近郊)
プラッシーの戦い7年戦争の裏でイギリスフランスが戦い、クライヴの活躍でイギリスが勝利 … イギリス領インドの基礎
 

 
☆北アメリカ大陸への進出 … オランダ、イギリス、フランスの三ヵ国が進出
オランダ西インド会社を設立、ニューアムステルダム建設
フランス … ルイ14世時代に広大なルイジアナを手に入れる
イギリスヴァージニア植民地ニューイングランド植民地などを建設
 → のちにこれらの植民地は「13植民地」という
 
☆イギリスとフランスのアメリカ植民地争奪戦
スペイン継承戦争ユトレヒト条約によりフランスはイギリスにニューファンドランドハドソン湾アカディアを譲る
フレンチ=インディアン戦争7年戦争の裏でイギリスとフランスが戦う
 → イギリスの勝利
 → パリ条約ミシシッピ以東のルイジアナ獲得
  (このときミシシッピ以西のルイジアナはスペイン領に)
 





 
☆ヨーロッパ諸国の貿易スタイル … 大西洋三角貿易


-今回の理系ネタ-
 パリ条約が結ばれた1763年、大分県で日本最古の有料道路と言われる「青の洞門」が開通しました。石工たちを雇ってノミと槌だけで30年かけて掘り抜いたといわれており、トンネル部分の長さは約144mです。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—


コメント

  1. […] 互いにバラバラの状態   ☆独立の背景 … 本国イギリスの重商主義政策 *特にフレンチ=インディアン戦争(七年戦争)の戦費を植民地への重税によって賄おうとした。 ○税の内容 ・砂 […]