理系の世界史139:ドイツの統一


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<139>ドイツの統一

 
☆ウィーン体制
「正統主義」でも神聖ローマ帝国は復活せず
○ウィーン会議によりドイツ連邦が成立
 
☆統一ムードの高まり
(フランス七月革命)の影響
ドイツ関税同盟 … まずは経済的統一(経済学者リストの提唱)
(フランス二月革命)の影響
フランクフルト国民議会 … 政治的統一のための会議
→ 議会は対立 … 小ドイツ主義大ドイツ主義の対立
  小ドイツ主義 … 統一したドイツからオーストリアを外す
  大ドイツ主義 … 統一したドイツからオーストリアを入れる
 → 話し合っても解決しない

 
ビスマルクの登場
・プロイセン王ヴェルヘルム1世が宰相にビスマルクを任命
 ビスマルクの「鉄血政策
 「この問題は鉄(軍備)と血(戦争)により解決される」
プロイセン=オーストリア戦争
プロイセンがオーストリアを破り、ドイツからオーストリアを除外
 ↓
北ドイツ連邦の成立
 オーストリアを外した形でのドイツ統一の進行
 盟主はプロイセン
 
ドイツ帝国の成立
 プロイセン=フランス戦争ナポレオン3世を破り、そのままの勢いでドイツ帝国の建国を宣言

エムス電報事件 … 1870年、プロイセン国王(北ドイツ連邦主席)ヴィルヘルム1世が静養先のバート・エムスから送信した、フランス大使の非礼を伝える電報に、ビスマルクが意図的な編集を加え、国内外に公表した事件で普仏戦争の引き金となった。

 
*オーストリアはハンガリーと接近、オーストリア=ハンガリー帝国(二重帝国)となる


-今回の理系ネタ-
 日本で電報は1870年、東京-横浜間で開始されました。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—