理系の世界史169:日清戦争


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<169>日清戦争

☆日本の動き
○明治維新
・ペリーの来航 → 日米和親条約、日米修好通商条約で開国
・大政奉還 → 明治時代へ
・大日本帝国憲法発布
・対外関係 … 樺太・千島交換条約(対ロシア)、台湾出兵、琉球領有
・朝鮮半島への進出 … 江華島事件をきっかけに進出 → 日朝修好条規(不平等条約)
 
☆朝鮮半島の動き(李氏朝鮮末期)
壬午軍乱
 「改革派の閔氏」に対する「保守派の大院君」らのクーデタ
 → 清の介入により失敗
 → 親日派の閔氏が親清派に
甲申政変
 「親清派の閔氏ら事大党」に対する「親日派の金玉均独立党」のクーデタ
 → 失敗
(金玉均を支援するため日本軍が朝鮮に来た)
*この2つの事件の結果 … 日清両軍が朝鮮半島内に存在
・天津条約 … 日清両軍の朝鮮からの撤兵と以後の出兵の際の相互通告
 
日清戦争
・朝鮮で全ホウ準(ホウは王へんに奉)が甲午農民戦争東学党の乱)を起こす
 → 朝鮮は自力で鎮圧できず、清に助けを求める
・芯が朝鮮に出兵すると、日本も出兵 → 日清戦争の勃発
 → 日本の勝利
☆下関条約
・朝鮮の独立(宗主国である清との切断)→ 朝鮮は大韓帝国と名乗る
・日本に遼東半島を割譲
・賠償金の支払い


-今回の理系ネタ-
 下関は水産業が盛んで「近代捕鯨発祥の地」であり、現在も調査捕鯨の基地です。またフグの水揚げ高が全国の8割を占めています。フグ毒のテトロドトキシンはあまりにも有名ですね。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—