理系の世界史185:オスマン帝国の改革


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<185>オスマン帝国の改革

☆オスマン帝国の改革(19世紀~第一次大戦)
アブデュル=メジト1世
タンジマート恩恵改革)の実施
 司法、行政、財政、軍事の西欧化 … 近代国家
 しかし、ヨーロッパの工業製品の流入
 → 手工業者は失業 → 外国資本の支配へ
 
○宰相ミドハト時代
ミドハト憲法発布(アジア初の憲法といわれる)
 
アブデュル=ハミト2世
ロシア=トルコ戦争おきる
ミドハト憲法停止
 → しかし、敗戦
 ヨーロッパ領の大半を失う
 
青年トルコ革命
(青年トルコの正式名称は「統一と進歩委員会」)
ミドハト憲法を復活
 
 
☆その頃の西アジア
○イギリス、フランス、ロシアなどの列強の圧力が強まる
アフガーニーがパン=イスラーム主義(抵抗の呼びかけ)を唱える
 
○イラン(カージャール朝)
バーブ教徒の乱(外国勢力に対抗した農民反乱)
タバコ=ボイコット運動 … タバコなどの外国利権に抵抗
イラン立憲革命 … 憲法成立
 
○アフガニスタン
アフガン王国の成立
第2次アフガン戦争でイギリスの保護国に
 
○エジプト、スーダン … イギリスの進出
・エジプト … ウラービーの反乱
 鎮圧後、イギリスが占領
・スーダン … マフディーの反乱
 鎮圧後、イギリスが占領


-今回の理系ネタ-
 第2次アフガン戦争が終わった1880年に天文学者のウィリアム=ラッセルが亡くなりました。ラッセルは海王星の衛星トリトン、土星の衛星ヒペリオンを発見しました。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—