カワヅザクラ(河津桜)が咲きはじめた


こんにちは。

私は休日はよく息子と近所の公園に散歩に出かけるのですが、先日出かけたときのことです。まだ2月も始まったばかりなのに桜が咲いていました!

1.公園の木は名札があるのが多い

この時期に咲くなんてかなり早めの桜だなぁと思いながらぼんやり眺めていました。
 
 
 
 

sakura

 
( ・д・ ポカーン…
 
 
 
 
 
 
その時、ふと木に名札が付いているのに気が付きました。

そう、結構高確率で大きな公園の木には名札がついているのです。

普段何気なく付いていて見過ごされがちですが、こういう気になった木があった場合便利ですよね?
今の世の中、名前がわかれば、ある程度調べるのは簡単ですから。

私が気になった今回の木にはこう書いてありました。

『カワヅザクラ』

2.カワヅザクラとは

カワヅザクラはオオシマザクラとカンヒザクラの自然交配種との説が有力ですが、その原木は1955年頃に偶然見つかりました。
1955年・・・最近ですね。

見つかった場所は静岡県賀茂郡河津町の河津川沿い。
見つけた人は飯田勝美さんという方のようです。見つけた人の名前まではっきりしている桜って珍しくないですか?

1月下旬ごろから咲きはじめる珍しい桜。

当時この桜について調査していたら、新種だとわかり、1974年にカワヅザクラと命名されたそうです。

河津町も翌年には「河津町の木」に指定したしたそうです。
(珍しく?非常に素早い・・・。)

3.カワヅザクラの特徴

カワヅザクラの特徴は、やはり咲く時期・期間と美しいピンク色の花だと思います。

カワヅザクラは開花時期にバラツキが大きいようですが、おおよそ1月下旬から2月にかけて咲きはじめる年が多いです。
そして長い期間咲き続けます。

桜の代名詞ともいえるソメイヨシノはパッと咲いてパッと散りますが、この桜はそうではないのです。

なんと約1ヵ月もかけて、満開になります。
そして、一気に散ったりはしません。

そして色が非常に綺麗です。

私が今回公園で見たのは、まだまだ3分咲きといったところでしたが、十分見ごたえがありました。
それぐらいソメイヨシノと比較すると明らかに花のピンク色が濃くて鮮やかです。

つぼみはこんな感じです。

sakura

 
 
 
この時点ですでに鮮やかですが、
 
 
 
これが咲くと・・・・・
 
 
 

sakura

 
 
こんな感じです!

4.カワヅザクラが見られる場所

カワヅザクラが見られるのは、なんといっても河津町です。

2017年2月10日~3月10日は『第27回 河津桜まつり』まで開かれており、多くのお花見客で賑わっているそうです。
私も行ってみたい!

東京都内の有名な公園だと、様々な早咲きの桜が楽しめる新宿御苑や東京タワーと一緒にカワヅザクラが見られる芝公園代々木公園には10本ほどカワヅザクラがあるそうです。

一口に桜といってもいろいろあって面白いですよね!
今回の桜のような生物学系のことは、個々の特徴を少し知っているだけでも、日常に深みが増してチョット得した気分です。
よければぜひ「カワヅザクラ」、生で見てみてください。

☆記事の感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—