理系の世界史021:ローマ文化


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<021>ローマ文化

☆ローマ文化の特徴
〇芸術 … ギリシアの模倣
〇文学 … ラテン文学(ラテン語)
〇実用的な学問、建築

 
〇文学 … ラテン語で書かれたラテン文学の全盛期
 ウェルギリウス … ローマの建国をうたった叙事詩『アエネイス
 ホラティウス … 『叙情詩集
 オウィディウス … 『愛の歌
 キケロ … ローマ最大の散文家、雄弁家
 
〇哲学 … ストア派の哲学が流行
 セネカ(ネロ帝の教師) … 代表作『幸福論
 エピクテトス(ネロ帝の家来の奴隷) … 代表作『語録
 マルクス=アウレリウス=アントニヌス … 代表作『自省録
 
〇歴史
 ポリビオス … 『歴史』(ローマ前半の歴史を纏めた)
 タキトゥス … 『ゲルマニア』ゲルマン社会を描き、ローマの課題を指摘した。
 プルタルコス … 『対比列伝』ギリシア、ローマの英雄を対比して論じる
 
〇自然科学
 プリニウス … 『博物誌』博物学者
 プトレマイオス天動説を唱える
 ストラボン … 『地理誌
 
〇建築
 コロッセウム … 円形闘技場
 パンテオン … 「万神殿」→のちにキリスト教の聖堂となった。
 その他、街道水道橋など、名前はないものが多いが、素晴らしい建築文化財をたくさん残した。
 
〇法律
(ローマの東西分裂後)
 東ローマ皇帝が編纂(ヘンサン) … ローマ法大全
 
〇キリスト教
 教父たちによる教義統一
 教父の代表的な人物:アウグスティヌス … 『告白録』、『神の国


-今回の理系ネタ-
 ローマ街道は古代ローマ時代に主要都市を結ぶように作られた道路のことです。紀元117年頃には、主要幹線道路は約8万6千km、全ての道路の総延長は29万kmもあったとされています。
 標準的なローマ街道の幹線道路の道幅は4mで、2台の馬車が行き違える車道幅でした。その両脇には幅3mの歩道が作られていました。
 道路の構造は、車道部分は最大で深さ2m程度まで掘り下げられ3層構造の路盤(下層路盤が大きな石で、中層路盤が中くらいの大きさの石、上層路盤が粘土と砂利を混ぜた層)となっており、中央部が少し膨らむよう勾配が付けられて舗装されていて、3層構造の石で造られた路盤で排水すると共に、この勾配により路肩にもスムースに排水するように設計されていました。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—