理系の世界史028:東南アジアの諸王朝


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<028>東南アジアの諸王朝

【なじみの薄い名前ばかりなのでまずは王朝名を丸暗記で覚えてしまう!】
 
カンボジア
扶南(ふなん)→ 真臘(しんろう)(アンコール)
 
ベトナム北部
李朝(りちょう)→ 陳朝(ちんちょう)→ 黎朝(れいちょう)→ 阮朝(げんちょう)
 
ベトナム南部
チャンパー(林邑 → 環王 → 占城)*すべて「ちゃんぱー」と読む
 
ビルマ
ピュー → パガン → トゥングー → コンバウン
 
タイ
ドヴァーラヴァティー → スコータイ → アユタヤ → ラタナコーシン
 
マレー・スマトラ
シュリーヴィジャヤ → マラッカ → アチェ
 
ジャワ
シャイレンドラ → グディリ → シンガサリ → マジャパヒト → マタラム
 

 
*今回は13世紀までの王朝について扱う。

 
☆カンボジア
[扶南 → 真臘(アンコール)]
1世紀
 扶南 … 東南アジア最古の王朝
  オケオ遺跡が知られている。
6世紀
 真臘(カンボジア王国)
12世紀
 真臘のアンコール朝がアンコール=ワットを建造した。
 

オケオ遺跡は、ローマ帝国やサータヴァーハナ朝や後漢の海上貿易の中継地として栄えたため、ローマ帝国の金貨などが出土している。

 
 
 
☆ベトナム北部
[李朝 → 陳朝 → 黎朝 → 阮朝]
紀元前4世紀
 ドンソン文化 … 銅鼓などが知られる。
11世紀
 李朝(大越国)
13世紀
 陳朝 … 元の侵攻を撃退。字喃(チュノム:まるで漢字のような文字)の作成
 
 
 
☆ベトナム南部
[チャンパー(林邑 → 環王 → 占城)]
2世紀
 林邑
8世紀
 環王
10世紀
 占城占城米 … 中国の宋で盛んに栽培 → 収量増大
 
 
 
☆ビルマ
[ピュー → パガン → トゥングー → コンバウン]
8世紀
 ピュー
11世紀
 パガン朝 … 上座部仏教の繁栄
 
 
 
☆タイ
[ドヴァーラヴァティー → スコータイ → アユタヤ → ラタナコーシン]
7世紀
 ドヴァーラヴァティー
 
 
 
☆マレー・スマトラ
[シュリーヴィジャヤ → マラッカ → アチェ]
7世紀
 シュリーヴィジャヤ王国 … マラッカ海峡をおさえていた。
 ・唐僧の義浄(『南海寄帰内法伝』を執筆)が立ち寄る。
 ・大乗仏教が栄える。
 
 
 
☆ジャワ
[シャイレンドラ → グディリ → シンガサリ → マジャパヒト → マタラム]
8世紀
 シャイレンドラ朝ボロブドゥールの仏塔を建造した。


-今回の理系ネタ-
 マラッカ海峡の両岸は世界的に有名な天然ゴムの産地です。
 天然ゴムはゴムノキの樹液に含まれている cis-ポリイソプレン(化学式は [(C5H8)n] )を主成分とする物質です。
 ゴムノキの樹液中では、水溶液に有機成分が分散したラテックスとして存在しており、この樹液を集めて精製し、凝固乾燥させたものを生ゴムといいます。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—