理系の世界史041:唐の衰退と滅亡


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<041>唐の衰退と滅亡

☆武韋の禍 … 則天武后(高宗の皇后)と韋后(中宗の皇后)の専横

専横とは、わがままで横暴な振舞い・態度のこと

則天武后(中国唯一の女帝)の即位:国号をと改称。科挙官僚の積極任用。
 
玄宗
・前半は善政 … 唐の中盤の最盛期(開元の治
・後半は政治の乱れ:楊貴妃を寵愛
 農民の没落・逃亡
 1)→ 均田制の崩壊 → 荘園制(私有地)の発達
 2)→ 府兵制の崩壊 → 募兵制(兵を募集し、節度使に率いさせる)の実施
安史の乱 … 節度使の安禄山と部下の史思明の乱
 → 異民族のウイグルの援助により鎮圧

-安史の乱後-
 節度使(藩鎮)の成長 … 地方政権化
 貴族階級の没落、佃戸制(小作制)にもとづく新興地主が成長

 
☆徳宗
・租庸調制の崩壊 → 両税法の実施(宰相楊炎の提案)

唐の後期、均田制、租庸調制、府兵制の3点セットは行われなくなった。
・均田制 → 荘園制
・租庸調制 → 両税法
・府兵制 → 募兵制

 
☆唐の滅亡
黄巣の乱 … 塩密売人の王仙芝、黄巣らの乱
・節度使の朱全忠により滅亡


-今回の理系ネタ-
 世界三大美人の一人、楊貴妃の名前が付けられている楊貴妃メダカをご存知ですか。
 楊貴妃は観賞用日本メダカのブームを巻き起こす要因となったメダカです。もちろん、もとは自然のメダカやヒメダカが原型ですが、ブリーダーにより、ミユキメダカなどとともに改良に改良が重ねられ、今日のように濃いオレンジ~朱赤にみえるレベルまでひきあげられた品種です。今でも赤をより濃く発色させる為の努力が続いています。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—