理系の世界史043:五代十国


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<043>五代十国

五代十国の興亡 … 武人政権 … 武断政治の横行
・節度使の朱全忠が唐を滅ぼし、五代時代の開始。
 ・後梁朱全忠による建国
 ・後唐
 ・後晋 … 建国を北方の契丹族の国に助けてもらい、燕雲十六州を譲る。
 ・後漢
 ・後周
 

 
○五代十国時代の特徴
・節度使(藩鎮)の台頭 … 力がものをいう武断政治
・貴族階級の没落、新興地主の台頭 … 佃戸制にもとづく大土地所有


-今回の理系ネタ-
 五代十国時代は907年~960年です。この時代に中国で噴火器という二重ピストン式火炎噴射器が発明されました。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—