理系の世界史048:遊牧民の国家


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<048>遊牧民の国家

☆遊牧民 … 内陸アジアの草原地帯で、羊、馬、牛等を飼育 → 定期的に移動
 騎馬技術により圧倒的な軍事力 → 農耕地帯(中国)への侵入
 
☆遊牧国家
スキタイ … 南ロシアの草原地帯の最初の遊牧国家
 (金細工などが出土している)
 → スキタイの影響で匈奴、月氏、烏孫などの国家ができる。
 



 
匈奴 → 秦、前漢を圧迫
・「単于」(ぜんう)といわれた王たちのもと、遊牧国家を形成
冒頓単于(ぼくとつぜんう) … 漢の高祖を破る。
・武帝の反撃 → 衰退
 
鮮卑
・「五胡」のひとつ。北魏を建国
・北魏←柔然 … モンゴル系。北魏と対立。
 
突厥 … トルコ系。のちに東西分裂。→ 隋、唐を圧迫
ウイグル … トルコ系。安史の乱で唐を援助。
 
契丹族 … 耶律阿保機によりを建国。→ 北宋を圧迫
 
女真族 … 完顔阿骨打によりを建国。→ 南宋を圧迫
 
モンゴル
 チンギス=ハンがモンゴル高原統一
 フビライ=ハンを建国

オイラトエセン=ハンが明の正統帝をとらえる(土木の変)。→ 明を圧迫
タタールアルタン=ハンが北京を包囲。→ 明を圧迫
 
女真族 =
 ・ヌルハチ後金を建国。のちに清に。
 ・ジュンガル清の乾隆帝に平定される。→ 清を圧迫


-今回の理系ネタ-
遊牧民とr-K戦略説
r-K戦略説とは、生物の種がどのように子孫を残そうとするかについて、2つの戦略の間で選択を迫られているとする説です。rとKはロジスティック方程式の内的自然増加率(r)と環境収容力(K)のことです。
人類の生活類型の二大区分である移動型と定住型のうちの移動型の牧畜(遊牧)を生業とする人々や民族を遊牧民というため、r-K戦略説でいえば「r戦略」による子孫繁栄を目指すという方法を採用していることになります。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—