理系の世界史057:清の最盛期


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<057>清の最盛期

~清の主な皇帝~
ヌルハチ→ホンタイジ→順治帝→康熙帝→雍正帝→乾隆帝
<清の黄金期:一般的には康熙帝、雍正帝、乾隆帝の時代を指す>

雍正帝
軍機処の設置 … 皇帝独裁の補佐
キャフタ条約 … ロシアとモンゴル・シベリアの国境画定
キリスト教布教禁止 … 典礼問題がきっかけ。

典礼問題 … 中国における孔子の崇拝を一神教のキリスト教として認めるかという点について、イエズス会と他のキリスト教徒との間で論争が繰り広げられた。

 
乾隆帝
ジュンガル平定 … 併合した地域を新疆(しんきょう)とよぶ。
理藩院の整備
 新疆やチベットなどの「藩部」という周辺部を統治する役所。理藩院の監督のもと、大幅な自治を与える。
貿易制限令 … 対ヨーロッパ貿易を広州一港に限定。公行(特権商人)に貿易を独占させる。
 →イギリス使節マカートニーの渡来、通商を要求 → 失敗
白蓮教徒の乱


-今回の理系ネタ-
 広州は中国三大都市のひとつです(あとの2つは北京と上海)。
 その広州にある広州地下鉄4号線は、中国で初めて鉄輪式リニアモーター駆動方式を採用した路線です。
 鉄輪式リニアモーター駆動方式は、推進力(動力)にリニアモーターを使用し、車両の支持・案内にはレールと車輪を使用するという方式です。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—