理系の世界史072:東南アジアのイスラーム化


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<072>東南アジアのイスラーム化

(東南アジアの今回以前の歴史は、こちらのリンクから)
 
カンボジア
 15世紀以降衰退
 
ベトナム
15世紀:黎朝
 ・チャンパー(占城)を征服 … ベトナム南部に支配を拡大
18世紀:西山朝
 ・阮氏3兄弟の蜂起(西山党の乱)… 一時的にベトナムを支配
19世紀:阮朝
 ・阮福暎がフランス人宣教師ピニョーの支援で西山朝を倒し、建国
  → 後にフランスの保護国へ
 
ラオス
15世紀:ランサン王国
 
ビルマ
16世紀:トゥングー朝 … タイのアユタヤ朝を攻撃
18世紀:コンバウン朝 … タイのアユタヤ朝を滅ぼす
 
タイ
13世紀:スコータイ朝
 ・ラーマカムヘーン王 … 最盛期
 ・タイ人による建国
 ・上座部仏教を国教化
14世紀:アユタヤ朝
 ・スコータイ朝を併合
 ・港市国家 … 海洋貿易と河川の接点。
 ・日本との貿易もさかん … 日本町の形成
 ・ビルマのコンバウン朝により滅亡
18世紀:ラタナコーシン朝(現在までつながっている王朝)

これまでのカンボジア、ベトナム、ラオス、ビルマ、タイはイスラーム教国ではないことに注意。

 
☆諸島部 … イスラーム化が進行
・8世紀以降、ダウ船を用いたムスリム商人が活発な海上交易
 
マレー・スマトラ
14世紀:マラッカ王国
 ・イスラーム教に改宗 → 東南アジアのイスラーム化の始まり
15世紀:アチェ王国
 ・スマトラ島北部に成立したイスラーム教国
 
ジャワ
10世紀:クディリ朝
 ・影紙芝居ワヤンを生み出す
 ・ヒンドゥー教の影響が強い
13世紀:シンガサリ朝
 ・ヒンドゥー教国
14世紀:マジャパヒト朝
 ・ヒンドゥー教国
16世紀:マタラム王国


-今回の理系ネタ-
 ベトナムに成立した西山朝は1778年の誕生ですが、この年フランス人植物学者のリンネ(大リンネ)が亡くなりました。「分類学の父」とも言われる彼の業績はたくさんありますが、意外で身近なものとして、火星を表す惑星記号の「♂」を生物学で雄(オス)を表す記号として使い始めたことが挙げられます。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—