理系の世界史124:フランス革命2国民議会


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<124>フランス革命2国民議会

― フランス革命は以下の8つの段階に分けるとわかりやすい ―
①ブルボン王政

②国民議会<今回はここ>

③立法議会

④国民公会

⑤ジャコバン派独裁

⑥総裁政府

⑦統領政府

⑧第一帝政

 
(三部会から平民が離脱した)
国民議会ラ=ファイエットミラボーなどの立憲君主派が中心
○民衆の動き
バスティーユ牢獄襲撃
 国王による国民議会弾圧に民衆蜂起(7月14日革命記念日) → 全国的な反乱へ
封建的特権の廃止宣言
 農奴制、十分の一税、領主裁判権の無償廃止(封建地代は有償廃止)
人権宣言の採択ラ=ファイエットらの起草
 自由、平等、主権在民、言論の自由、私有財産の不可侵など
 
☆国王ルイ16世の動き
ヴェルサイユ行進
・パリの女性たちが国王をヴェルサイユからパリに連行
ヴァレンヌ逃亡事件
・国王とマリ=アントワネットの国外逃亡計画 → 失敗
  ↓
○1791年憲法制定(これからは王でなく法で)… 国民議会は解散(球戯場の誓い 達成)→ 立法議会へ


-今回の理系ネタ-
 フランスの革命記念日は7月14日です。2008年の7月14日は東京スカイツリー起工式典が行われました。現在は634mという高さを生かして、落雷、雲、二酸化炭素濃度などいろいろな観測が行われています。また、タワー全体の冷暖房には、日本初となる地中熱を利用した地域熱供給システムが採用されているなど、最新技術が各所に用いられています。ちなみに東京スカイツリーの開業は2012年です。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—