理系の世界史133:第二帝政と第三共和政


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<133>第二帝政と第三共和政

フランスの歴史の流れ(ウィーン体制以降)
ブルボン復古王制

7月王政

第二共和政

第二帝政

国民防衛政府

臨時政府

パリ=コミューン

第三共和政

 
第二帝政
ルイ=ナポレオン皇帝に就任、ナポレオン3世と称す
・農民と労働者・資本家の均衡の上に立つ(八方美人)
・万国博覧会を開催
○外征
 ・クリミア戦争(勝)
 ・アロー戦争(勝)
 ・イタリア統一戦争(勝)
 ・インドシナ出兵(勝)
 ・メキシコ遠征(敗)… 信望を失う
 ・プロイセン=フランス戦争(大敗北)… セダンの戦いで捕虜となり、退位
 
☆国民防衛政府 … ドイツと講和
 
☆臨時政府(ティエール) … ドイツと不利な条約 ← 国民の不満
 
パリ=コミューン … 史上初の労働者政権
 
第三共和政
・憲法制定 … 第三共和政の基礎
・不安定な政情


-今回の理系ネタ-
 普仏戦争が終わった1871年、赤痢菌を発見した志賀潔が生まれました。赤痢菌の学名(属名)は彼に因んで Shigella と付けられているが、これは主要な病原細菌の学名に日本人の名前が冠されている殆ど唯一の例です。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—