理系の世界史141:アメリカの拡大


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<141>アメリカの拡大

☆独立後のアメリカの歩み
ワシントン大統領(初代)
 
ジェファソン大統領(第3代)
 ・民主主義が発展
アメリカ=イギリス戦争
・ナポレオン戦争中のイギリスに対する通商妨害から開戦
・アメリカ経済がイギリスから独り立ちする
 
モンロー大統領(第5代)
モンロー教書 … ヨーロッパとアメリカは相互不干渉
 → ラテンアメリカの独立をアシスト、その後のアメリカ外交の基本が孤立主義となる
 
ジャクソン大統領(第7代)
・西部出身の初の大統領
・アメリカの民主化に努力(ジャクソン=デモクラシー)
・ジャクソン派はのちの民主党となる
・しかし、先住民には厳しい政治
 インディアン強制移住法(インディアンをミシシッピ川以西に強制移住)
 
☆領土拡大 … 領土拡大はもはや「明白な天命(マニフェスト=デスティニー)」
13植民地
ミシシッピ以東のルイジアナパリ条約により獲得)
(上記2つがはじめの領土)
(下記はいわゆる「西部」)
ミシシッピ以西のルイジアナ(フランスから買収)
フロリダ(スペインから買収)
テキサス(メキシコから独立 → アメリカが併合)
オレゴン(イギリスから獲得)
カリフォルニアアメリカ=メキシコ戦争で獲得)
西部開拓によるフロンティア・スピリットの形成


-今回の理系ネタ-
 ミシシッピ川は全長3779kmの河川で、長らく世界最長の川だと考えられていました(現在最も長い河川は6650kmのナイル川)。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—


コメント

  1. […] ラテンアメリカ諸国の従属と抵抗 (ラテンアメリカ ← アメリカの影響が強い) 参考:モンロー宣言 ○シモン=ボリバル … ラテンアメリカ諸国の連帯と共同防衛の会議開催 ○アメリカの […]