理系の世界史154:ソヴィエト政権


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<154>ソヴィエト政権

 
☆ソヴィエト政権の政策
ブレスト=リトフスク条約 … ドイツとの単独講和
・ボリシェヴィキの一党独裁
 ボリシェヴィキ → 共産党と改称し、一党独裁へ
・首都をモスクワに移す
コミンテルン第3インターナショナル)創設
 世界中で革命を起こし、社会主義国家を増やそうとする組織(世界革命論
 
☆対ソ干渉戦争 … 周囲の国によるロシア革命つぶし
○ソヴィエト政権の対抗策
赤軍の組織
・チェカ(非常委員会)を組織 … 反革命派を逮捕
戦時共産主義 … 農作物を強制的に徴収し、物資は配給制に → 生産の混乱、低下 → 多数の餓死者
 
新経済政策(NEP)
・戦時共産主義を解除、市場経済の一部復活を認める
 (農産物の自由販売、企業の私的営業 → 富農、資本家階級が復活)
 
ソ連の成立
ソヴィエト社会主義共和国連邦が成立
 (ロシア、ウクライナ、ザカフカース、ベラルーシの4つのソヴィエト共和国の連合)


-今回の理系ネタ-
 ソ連は1922年に成立し、1991年に崩壊しました。
 1991年は広島新交通システム橋桁落下事故が起きました。横取り降下工法のジャッキ操作ミスによる事故でした。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—