理系の世界史163:独ソ戦と太平洋戦争


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<163>独ソ戦と太平洋戦争

☆独ソ戦の開始
・ドイツのバルカン進出 → 独ソ関係の悪化
 (日本:日ソ中立条約の締結)
・ドイツのソ連侵入(独ソ戦の開始)
 
☆ドイツのヨーロッパ支配
・人種主義政策の強制 … ユダヤ人をアウシュヴィッツなどの強制収容所で大量殺害
・各地でレジスタンスやパルチザンの組織-ドイツの支配に抵抗
 
☆日本の動き
・日中戦争の長期化(中国共産党のゲリラ戦に苦戦)
・南方進出 → フランス領インドシナ北部に侵入
・日独伊三国同盟結成(枢軸)
・日ソ中立条約で北方の安全確保
 ← アメリカ、イギリス、中国、オランダの経済封鎖
 (ABCDラインの形成)
 
☆太平洋戦争
真珠湾攻撃
・「大東亜共栄圏」の建設を掲げ、東南アジアを占領
 植民地から解放するとの名目で強引な占領政策 ← 抵抗運動
ミッドウェー海戦 … 日本軍の大敗 → 日本が劣勢に


-今回の理系ネタ-
 日本が真珠湾攻撃を行った1941年、94番目の元素のプルトニウムが世界で初めて合成されました。グレン=シーボーグはプルトニウムをはじめとする超ウラン元素の発見において多大な功績を残したので1951年にノーベル化学賞が授与されています。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—