理系の世界史170:中国分割の危機


こんにちは!
エンジニアの私が唐突に高校の 世界史を学び直したい! と思ったので、世界史を勉強します。学び直すといっても世界史選択ではなかったので、ゼロからスタートですが・・・。
いつでも復習できるし、参考書代わりにもなるし、年表・年代がわからなくてもブログ内検索でサクッと検索できるので、ブログにノートを残しておきたいと思います。
そして、せっかくなので、理系に関することも毎回一つ最後に書きたいと思います。
 
なお、本カテゴリー【理系の世界史】における高校世界史の勉強教材は、YouTubeのHistoria Mundiです。


<170>中国分割の危機

☆日清戦争の敗北 … 清は「眠った獅子」ではなく、本当に弱体化していることがバレる
 → 列強の中国分割が加速
 
三国干渉ロシアドイツフランスを誘い実行
・日本に遼東半島を返還させる
 → 清は見返りとしてロシアに東清鉄道の敷設権を与える
 
☆中国における列強の租借地と勢力範囲
○租借地
・イギリス:威海衛九竜半島
・フランス:広州湾
・ドイツ:膠州湾
・ロシア:遼東半島南部 → 後に日本へ(日露戦争)
○アメリカ合衆国 … 遅れて進出(南北戦争の為)
門戸開放宣言
・国務長官ジョン=ヘイによる3原則
門戸開放」「機会均等」「領土保全
 経済的進出を狙った
 


-今回の理系ネタ-
 遼東半島はトウモロコシやコメなどの穀物生産が盛んです。リンゴ生産も盛んです。リンゴはバラ科リンゴ属の落葉高木樹です。現在7500以上の品種があるといわれています。

 
 
☆感想を教えていただけると嬉しいです☆
—いつも最後まで読んでいただきありがとうございます—